カセットテープTシャツ

トップトウ5周年記念企画・・・にしちゃ釣り関係ないじゃん!と思われると思いますが、これからはこういういろんな商品も作っていきたいと思ってます。その第1弾がこの「カセットテープTシャツ」。若い世代の方の中には、すでにカセットテープの現物を見たことがないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

世の中がすべてアナログだった時代、私たちはテレビの前にカセットデッキをセットして(最初の頃はラジカセでもありませんでした)、ザ・ベストテンに好きな歌手が出るのをひたすら待ち、その歌を録音したものです。初期の頃はライン入力もありませんでしたので、物音を立てないようにして息を飲みながら録音をしてました。そんな状況を知らないおばあちゃんが入ってきて「やす子、お風呂入っちゃいなさい」みたいなことをいい、録音が台無しになる・・・昭和80年頃のあるあるですね。

察しのいい方は気づいていると思いますが、上部左にセロテープが貼ってあります。カセットテープは上部の「ツメ」と呼ばれる部分を折ると、重ねて録音ができないようセーフティ機能がついていて、永久保存版にしたいカセットのツメは、みんなたいてい折っていました。しかしもっと撮るべき運命の出会いがあった時、奥の手として折ったツメの部分にセロテープを貼ると、また録音ができたのでした。

カセットと雑誌。どちらも今となっては古いメディアの印象ですが、その古いメディアにもう一度新たな時代のできごとを記録していくぞ、というトップトウの意気込みみたいなものを表現したつもりなんですが、ええ、わかってますよ、こじつけ感満載ですよね(笑)

モデルになってくださったのは、東京・池袋のVALLELY KICKBOXING TEAMの代表・米田貴志さん。Tシャツは写真のネイビーのほか、ライトイエロー、アイスグリーンあたりで作るつもりです。ご希望の色、サイズをコメント欄にご記入のうえ、お申し込みください。

制作はある程度まとめてやりますので、少々お時間をいただきます。とりあえず初回生産の締め切りは2019年7月8日にしたいと思いますので、お早めにお申し込みください。

売り切れました。

¥ 2800 -